考えごと | murmure


090514_1645.jpg


2011年06月22日 [ スポンサーサイト ]

一定期間更新がないため広告を表示しています




2011年03月26日 [ 忘れない ]

110227_0702~01.jpg
わたしがボケない限りは絶対絶対。
でもね、やっぱりどうしたって平和ボケな自分。ごめんなさい。
忘れてるんじゃなくて、こころのどっかにずしーーんて重たいものが、特に被災地の方には、もっと、あるのだけど、わたしにはわたしの日常があって、いつもどおりの生活を営むことができているわけです。同情しないでよと言われるのかもしれないし、考えすぎじゃない?て言われるのかもしれないし、だから何だよ、て言われるのかもしれないけど、なんだか、拭えないものがあります。それでもごはん食べたりカラオケ行ったり仕事したりしてて変に複雑。あーー

最近のわたしですが、オーバーオールがお気に入りだったり、今泉めぐりしたり、珍しく本買ってみたり、カラオケ行ったり、昔好きだったひとと会ったり(ガソリンスタンドの店員さん、なんか見たことあるなあっていうのと、目がきれいだなあって思うのと同時に、あ!と思ったのでした。)、生きています。
この震災をきっかけに、世界が一斉にまわりだしたような気がする。
目を覚ませ目を覚ませ

被災地でのインタビューを観ていると、やっぱりなんていうか、そのひとひとりひとりに生活があって、いや当たり前のことなんだけど、なんかハッとしてしまう。
数が膨大すぎてイメージできなかったそれぞれの痛みが降りてくるよう。でも、
メディアがなければ地震が起きてることすら知らないであろう九州人。
鳥インフルとか新燃岳とかも夢のような出来事の、福岡人。
しにたいとか口にできちゃう。
ばかだね

当事者じゃないとわからない気持ちってあるよ。
そこにどんな姿勢で臨んだらいいのかって、むずかしいね。。

春がやってきて、季節がめぐって、これからどうなるんだろう。
誰にもわかんないね。


被災地の方から感謝とか前に進もうっていう言葉が出ること。
すごいなって思います。




私信:ブログみてます!ご無事でよかったです…!




2011年03月22日 [ 走馬灯のように、めぐる ]
110321_2014~01.jpg
涙だって笑顔だって全部ぜんぶ嘘じゃない、のに、
なにこれ、
こんな一瞬で、

しにたい

消えたい



もう一回会えたら、もう繰り返さないのに



2010年12月12日 [ ばんざいカイロりらくま ]

101129_2242~01.jpg
会うたびに、なにかを残していってくれる友だちがいます。
一言一言にすごくハッとさせられる。
中学のときは気付かなかったことがいっぱい。
容姿はやんわりふんわりなのに実はピリッと辛いかんじ、すき。
ああ、悲しいこともつらいことも経験して、着実におとなになってくのね。

こないだ会った高校時代の友だちとはまたちがう。
この子はすごくしっかりしてるようにみえて、ちょっとぬけてるの。かわいい。

でもふたりとも、自分なりの芯がちゃんと真ん中にある。

わたしは見た目も中身もふんわりだねってよく言われます。
そこが良さだと言ってくれるひともいるけど、うれしいけど、でも、だめだなあと思う。
もっとちゃんとしっかりしたひとになりたい。

大学在学中はなんで就職しないといけないのかなんてわからなかった。
正確には、頭では理解できるけど、わかりたくなかった。
お金ないと生きていけないもんね。
フリーター生活だと実際やっぱちょっときついもんね。
じりつできない、事実。
キャリアセンターのひとは 就職させよう とする。もちろんそれが彼らの仕事だからね。
でも「どこでもいいからとりあえず3年!3年間正社員でがんばれたら、その後もだいじょうぶ。」なんて言われてなんだかほんとに納得できなくて。
正社員以外のひとは全員だめなひとって言われてる気がして、でもわたしはバイト経験の中でいろんなひとに会ってきて、正社員じゃなくてもすごくすてきなひといっぱいいたよ。
そのひとたちまで否定されてる気がしてすごく嫌で嫌で仕方がなくって、活動を放棄した。

4年生の4月に内定をもらった会社も、職員のひとへの抵抗も含めて、辞退した。
あの業界で働いてる友だちも何人かいるけど、みんな大抵はそれぞれの区切りがあるのね。
結婚したらとかお金貯めて自分のお店を出すまでとか。
わたしはそんなプラン持ってないし、正直自信なかったし、後悔はあまりない。

4年制大学まで出たのにもったいないねって言われるたびに
「あ、やっぱりわたしまちがってたのかな」って不安になったりもしたけど、たぶん、だいじょうぶ。
ていうかもう過去を振り返ってられないのかもしれない。
みずくんも、まわりの友だちも、みんなもがきながらだけど、ちゃんと前みてるもんね。

まだグラつくけど、とりあえず思うこと。




2010年12月02日 [ 産物 ]


電話しながら右手でぐりぐり絵とか字の羅列とか書いてしまう。。!


なんだかんだ落ち込んでる自分を否めない。
事実を知ってしまったからには忘れることはできないけど、どんよりと重たい。
未成年だからとか、関係ないよ。許せないよ。くやしい。

みずくん、夜中3時の電話も取ってくれた。
すーーごく安心する!
のは、そういう誰かがいてくれたからかなあ。みずくんだからかなあ。後者だといい。


こわい。飛び込みたい。きらい。すき。
矛盾する気持ちが、世の中にはいくつもいくつもある。
吐いていい嘘もあるはずだ。




2010年11月08日 [ あ、そうか ]

みずくんもだけど、ここも、支えになってるんだなあ
だからあのこにとってはmixiが支えなのか
だとしたらそうつぶやくのは、わかる気がする




2010年11月08日 [ ]

101106_1733~01.jpg
友だちにね、「自殺したい」と言われたらどうすればいいのかな
だめ!って遮るのも
勝手にすれば?って流すのも
どれもこれもなにが正しいのか、本当にわからない。わからないことだらけ。
直接言われたわけじゃないから詳細わからなくてほんとのところそんなに緊迫してないのかもだけど
なんだか気分が悪くなってしまった。
そこまでして働かなきゃいけないのか、とか
そんなことmixiでつぶやいてどうする?とか
一瞬のうちにいろいろ頭の中をめぐる思いと、生死に関することでは過敏になる自分とを改めて認識して、はあ、ためいき。
今日ていうかもう昨日のことですが、何気ない毎日の中にもおもしろいこととかむかつくこととかいっぱいあって、ほんとはそっちも書きたいのだけど(このブログを読んでくださっている方がいるのは心強いことで、あまりよろしくない愚痴みたいなことは避けたいけど、でもこの感情もわたしの思いなわけで、変な葛藤みたいな、わだかまり?があります…)、一日の最後のことがいちばん心に残る。

すこし考えたんだけど、結局わたしはみずくんに執着してるんだなあと思いました。
なにもかもぜんぶ曝け出せるか?と言われればそうではないと思うんだけど、それでもたぶん自分が思っている以上にみずくんが支えになってると、思う。
だから、あのこにもはやくそういう存在が、できてほしいなあ




2010年11月06日 [ じぇじゅ ]

101028_1415~01.jpg
なにかこう、ことばに、形にしたいのに、どうしていいかわからないこと多々。
こうやって毎晩のようにログインするも、なにも書けずに落ちること多い。
衝動的に掛けてしまった電話も、声聴いただけで、それだけでいい。
深夜にパソコンでなにやってるの?って家族に聞かれたって、うまく答えられない。
なんかこう、意味のないことばかりしてしまっている。
でも意味あるんだよたぶん、ただ進歩がないだけで。無目的なの。
今日という日は今日しかないし、いまこの瞬間はこの字を打ったあとはもう次の次の次の次の…くらいの瞬間かなあ(笑)
時間を大切になんかできていない。
よく自己啓発の本なんかで「今日という時間を大切に生きよう」なんて見かけるけれども、ああ、就活のときを思い出す。
前に前に!という考え方は時に息苦しい、な。
呼吸のしかたをまちがえそう。




2010年11月03日 [ no title ]

101031_2058~01.jpg
みずくんが教えてくれたカフェにて
小さな夜の会話が心地よかった
ほんのりシナモンの香りのチャイミルクはほっこり味




とても小さなことで泣きそうになる
よわよわになる
たくさんのひとが、ひとりぼっちの夜には経験したことあるであろう気持ち
でもたぶん他人にはわからない気持ち
わたしの、わたしだけのタイミング
目の奥がじんわりなって、ゆらゆらと定まらない気持ち

「揺らぐ」「揺れる」ていうことばが当てはまるかどうかもわからない
元々芯のあるものを持ってたかわからない



みずくんとの夜はとても安心する
温い体温は気持ち良い
けどそれってもしかして実は誰でもいいんじゃないか、とかなんとかうにゃらうny

そしてきょうも人肌が恋しい
けどだれにも邪魔されたくない自分の時間があって、水を注されるといらいらする。。
ほっといて
かまって
の、くりかえし
の、夜


こういうどうしようもないときって
音楽を聴いてみたりアロマをくゆらせてみたり本を読んだりして、したら、落ち着くのかな?
でもこういうのもこういうときだからじっくり観察してみるってのもありだよね(谷川さん、すき!)
うにゃうにゃ…どうしよ




2010年10月20日 [ FIN ]


溜まりに溜まっていたプリクラたちが手帳の4ページを占めました。
かぶってるのとか大概処分したけど、この量…!(゜0゜ )
あーーすっきりしたっ

中学生のときのも少し残ってて、うーん、機械の進化ってすごいなあと思いました。





みずくんはやっぱ、しっかりしてる。
ちゃんと「先」を考えて行動できるところが、う〜(;−;)
それがフツウなのかもしれんけど、う〜(;−;)
なんでみんなそんなシビアに生きようとするのかなあ?
苦しいことを乗り越えてこそ得るものがある、ていうのは、理解できるようで…なんかちょっと、わからない。
みずくんと話してるとなんか、気持ち落ち込みます(゜−゜)))笑

「電話は金曜日だけにしよう」って自分が言ったくせに、結構な頻度でかかってくるのもなんだかなあ(笑)

彼は変です、かわいいです(笑)




2010年10月18日 [ ピーチフィズ ]


音を纏うと、無敵になる。
そうブログに綴っていたひとの気持ちがわかる気がします。

いま、解散疑惑が浮上してるみたいで…すごく不安(もやもやもや)
まだなにもわからないけど、最悪の事態を想像すると涙でてくる
7年間ずっとすきだよ
これからもすきでいたいです


_________________




結局、連絡なかった(わたしのせいなのかなあ)
これからどうするんだろう
きっと本人がいちばんもやもやしてるからなにも聞かないことにするけど、気になる
精神的に…だいじょぶかな。。

ツメ、伸ばしたんだけどな。。






| 1 / 4 pages | >>

category

log

profile

RSS1.0
Atom0.3
admin

Powered : JUGEM
Template : hqm
Photo : ---



search






qrcode